妊娠してから出産するまでに10キロ近くも体重が増加しました。それまでは、甘いものを食べることは少なかったのですが、妊娠してから甘いものが食べたくなり、プリンだのケーキだのといった太りやすいお菓子をほぼ毎日のように食べていました。余りに食べる私をみて、主人が「そんなに食べて大丈夫か?」と心配してきたほどでした。
この時、ちょうど8か月に入っていました。検診の度に増加している体重のことを私自身も少しは気にしていたので、次回の検診の際に先生に聞いてみたのですが問題ありません、と言われたのです。出産本には体重増加の目安が載っていますが、その時点で明らかに超えていました。体重管理はうるさく言われる、と言ったことが書かれていたので、先生の反応に少し驚きましたが、食べ物を制限しなくていいことを嬉しく思いました。また、産後すぐに運動などをして元の体重に戻せばいいと簡単に考えていたこともあります。
しかし、出産は帝王切開になってしまったため、産後は運動できませんでした。そのため、二年たった今でも元の体重までは戻しきれていません。軽く考えていたことを後悔しています。健康的にダイエットすることはとても大切なことです。母乳で育児をしていたので無理な食事制限はできませんでした。体型を維持したい女性にとって、妊娠中の体重管理と栄養管理はとても大切な課題になるのだということが良くわかりました。子育てに少しずつ慣れてきた今、気を取り直して頑張ってダイエットに励もうと思います。