給料は全然上がらない、サービス残業ばかりさせられる、そして休日出勤も当然のようにある…というように待遇が悪いことが続くと、女性として心身ともに疲れてしまい、仕事を辞めたくなるかもしれません。
というのも、女性は結婚して家事をしたり、妊娠して出産するということがありますので、男性よりも、働きやすい職場にいたいという気持ちが強いのです。この職場には長く勤めることが出来ないかもしれない…と思った時には、辞める決意をするかもしれません。
まだまだ結婚はしない、そして子供を授かる予定もない場合には、この仕事でも続けられるかもしれないと思うことでしょう。でももしも働く女性にとって待遇が悪いことに気が付くと、将来を考えてもっと待遇の良い会社に移ろうかなという気持ちになることはありえるのではないでしょうか。現代の日本社会を見てみても女性にとって働きやすい環境は整っているとはまだいえません。そんな中、産休・育休があったり時短制度があったりと少しでも子育てに理解がある場所に就きたいと考えるのは当然のことです。
世の中にはたくさんの勤め先がありますので、自分が納得できる待遇をしてくれる会社も探せばあるはずです。そういう会社を出来るだけ早い段階で見つけて安定した待遇のまま、結婚したり妊娠や出産をして仕事を続ける方が、将来的には安心です。
男性には分からないことかもしれませんが、結婚してから負担が重くなるのは女性の方です。もしも結婚をしてすぐに仕事を辞めると決めている場合には別ですが、結婚してからも仕事を続けたいと思っている女性にとって、職場の待遇がどうなのかはとても重要なことなのです。
会社にある程度希望を伝えて、それが通らない場合にはこの会社を辞めようという気持ちになるはずです。まだ発展途上ですが、女性の子育てを応援する企業の動きは活発化してきています。いずれ結婚して仕事も育児も両立させたいとお考えの方は、企業から受けられる育児サポートがどのようなものかを知っておいた方がよいでしょう。
オススメリンク:『女性のための育休支援協会』>>>http://childcare-supportassociation.biz/